熱中症予防には、『足うら・ふくらはぎ』をマッサージ!



夏の熱中症対策


急激に暑さが増して、連日熱中症で運ばれる方が増えました。

熱中症対策は、何か行われていますでしょうか?

 

⓵こまめに水分を取る

②炎天下での作業を避け、朝や夕方の涼しい時間に行う。

③塩分やお酢を取る。

④睡眠時に気温・湿度が高い部屋で寝ない。

など。

「どれもしているよ」という方、さすがです!(^-^)

 


日射病と熱中症の違い


「熱中症は高い気温の下で起きる全身の障害を総称したもので、熱射病はその障害の一つです。 

また日射病は、熱射病の一種で太陽の光が原因となって起こるものを指します。」

と、されています。

昔いわれていた日射病は、現在は熱中症の一部に含まれています。

 


熱中症をマッサージで予防する


熱中症は、体の中の熱を外部に放散できないで起こります。

ですので、

⓵手足が冷えている方

②足うらマッサージが痛い方

③ふくらはぎが冷たい・硬い方

は、要注意です!

体の皮ふにも毛細血管があります。皮ふも呼吸していますが、

皮ふが硬くなると、皮ふ呼吸が減少して、熱を放散できなくなります。

手足が冷えているのだったら熱中症は起こらないんでは?

と、思う方も多いと思いますが、

間違いです!!!

手足が冷えていても、体内は熱があり、表面が冷たく感じるのは

表面だけが冷えているのです。

 

『青竹ふみ・ふくらはぎのマッサージをすることで、
皮ふの毛細血管に動きを出す』

皮ふから熱を放散させるために、

就寝時の前や出掛ける前にマッサージをしておきましょう!

体の変化はすぐに出るものもありますが、

足のマッサージで血行不良がマシになるのは

一時的です。

毎日、3分~5分行うことで少しずつ

体は変化してきます。継続して行いましょう。

睡眠の質向上も就寝前の『ふくらはぎマッサージ』で

寝ても疲れが取れないという方は、

寝る前に、足うらマッサージやふくらはぎマッサージを

行いましょう!

睡眠の質が向上しますよ。

話は少しそれますが、

人は、寝ている間に体を修復していますので、

睡眠の質が悪いと腰痛などの体の不調がある方は

なかなか良くならないということにもなります。

 


熱中症対策に、毛細血管の状態も良好に


水分補給をすることは大切ですので、水分補給をしっかり行い

ふくらはぎマッサージで体の循環を上げて、

補給した水分を体の隅々まで届けましょう。

 

 

 

おかだ整骨院

院長 岡田泰明

079-336-3013

 

 

 

タグ: , , ,