お子様の集中力アップに「姿勢正すこと」が必要な理由

お子様の「集中力を上げる姿勢」をつくる

お子様の自宅学習をみていて、「集中して勉強できてないなあ」

と思った経験ありませんか?

・机に座って数分したら勉強に身が入っていない

・横について勉強を説明していても、聞いていない

・机に座ってボーっとしているだけ

 

こういう時は、正直、強制的に勉強してもムダ!

 

大人でも、パソコンやデスクワークをやる気で

イスに座ったのに、早く集中力が途切れてしまい、

無意識のうちにあくびが出て

何回も何回も伸びをしていた。

なんて経験はあるでしょう。

 

これは、パソコンに向かう時の姿勢が前かがみで、顔を前に突き出す姿勢(顔出し型猫背)

を長時間続けていた影響で「血流」が悪い状態になっています。

脳のエネルギーには酸素とブドウ糖が必要ですが、

脳へ送り届ける役割をしているのが「血流」です。

 

健康な人の脳には、体内の全血液の15%が集まっていますが、

脳の大きさ自体は、全体重に占める2%ほどです。

そんな小さな器官が大量の血液を必要とするのは、

脳がいかにたくさんのエネルギーを求め、使っているかお分かり

いただけると思います。

 

 

脳へ向かう血流と密接に関係しているのが「姿勢」

血液は心臓がポンプの役割をして、脳をはじめ、体中に送り届けます。

この時に、猫背で体を丸くして前かがみであると、血管が折れ曲がった状態で

血液を正常に運べなくなります。

また、背中を丸めることで胸部が圧迫されて、心臓や肺にも

圧迫が掛かり、呼吸が浅くなり、心臓の動きも邪魔をされます。

すると、血液の循環が落ちて、脳へ新鮮な酸素を持った血液が少ない状態

になり、あくびが出たり、ボーっとして集中力が途切れるのです。

ですので、姿勢を正すことは集中力を高めるためにとても重要なことなのです。

ちなみに、姿勢が良くなると、前頭葉が活性化される効果もあります。

 

前頭葉:前頭葉の大部分を占めるのが「前頭前野」で、「考える」「記憶する」「アイディアを出す」「感情をコントロールする」「判断する」「応用する」などの人間が人間らしくあるために重要な働きをしています。

 

 

 

成績を上げるには、効率的な勉強法より「集中できる正しい姿勢」にならないといけない

お子様の勉強法で

・勉強をするやり方が間違っているのではないか

・効率が悪い勉強をしているのではないか

 

など、思われることってないですか?

 

確かに勉強の効率は大事です。

ですが、効率を上げる勉強法を行う前に

姿勢を正しくして体を使うことが出来ていなければ、

勉強の効率は上がりません。

 

勉強の効率を上げるために

まず、猫背を治しましょう!

 

おかだ整骨院では、「猫背矯正マイスター」資格を取得し、

正しい姿勢を定着させることを目的に

「猫背矯正」の施術を行っています。

施術は体をバキバキするものではなく、

「筋肉を教育していく」 ことを行います。

ご興味のある方は、ご相談くださいね。

 

 

 

15分に一度立ち上がって、脳をクリアにする

次は、ご自宅で簡単にできるケアについてお話します。

さまざまな研究から、人は15分座っていると、認知能力も集中力も低下して

作業効率が落ちていくことがわかっています。

余談ですが、1日に6時間イスに座る生活を続けていると、たとえ日常的に

運動する習慣を持っていたとしても、1日に3時間しか座らない生活の人に比べ

15年以内に死亡するリスクが40%増加するというデータがあります。

 

リスク回避の方法は、「イスに座る時間を減らす」こと

受験生や試験直前の学生など、長時間イスに座りっぱなしに

なっている人は、多いのではないでしょうか。

ですので、お子様、学生さんにおススメしたいのが、

「15分に1回のペースで一度、イスから立ち上がる」ことです。

 

そのタイミングでイスから立ち上がることで

脳に新しい刺激が伝わり、集中力を持続させる効果が得られます。

お水を飲みに行く、トイレに行く、冷たい水で手を洗う

背伸びをする、部屋の中をうろうろするなど、

イスから立ち上がる動作であれば勉強中にも

自然に取り入れることが出来るはずです。

15分に1回というのは、集中力が途切れるのには早すぎると思うかも知れませんが

15分をワンセットと考え、4回繰り返せば1時間。

脳が疲れや飽きを感じる前にイスから立つ。

こんなわずかな動きを入れるだけで、集中力が続いていく

と考えれば、大きなメリットです。

 

立っているときは、座っているときに比べて認知力や集中力、

判断力も大きく上昇することが研究でも明らかになっているので、

そもそもずっと立ちっぱなしで、たまに座るののでもいいのです。(笑)

 

また、立って歩くことで、第2の心臓と言われる「ふくらはぎ」がよく動くので、血流も改善して

気分転換にもなります。

 

 

まとめ

最初に、勉強中の集中力をすぐに上げたいなと思ったら、

まずは「姿勢を正す」ことです。

正しい姿勢ができないと集中力を上げることも

成績を上げることも回り道をして余分に時間を費やすことになります。

 

まずは、15分に1度、立ち上がることから始めましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

猫背矯正マイスターのいる整骨院

おかだ整骨院

院長 岡田泰明

079-336-3013

関連記事

  1. 腰痛の原因に多い!「反り腰」の改善方法

  2. 老けたと思われたくない!「目の下のクマ」予防法

  3. ひざ痛を「変形性ひざ関節症」になる前に予防する

  4. 現代の子供の猫背は、脚力の低下が原因!  おかだ整骨院姫路…

  5. 「やせにくい体質」を改善する方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

交通事故で痛みを感じたら

インタビュー記事が掲載されました

PAGE TOP