老けたと思われたくない!「目の下のクマ」予防法

老けたと思われたくない!「目の下のクマ」予防法

鏡でご自身の顔を見た時、目の下のクマが気になることありませんか?

ソース画像を表示

クマができると不健康そうに見えたり、年齢以上に老けた印象になりがちです。

周りから「疲れてない?」なんて言われて心配していただけるのは、

まだいいですが、

言われずに、老けた印象をもたれるのは、

恐怖!です

 

 

クマができる原因とは?

目の周りの皮膚はとても薄いため、この部分の血流がわるくなってしまうと

目の下が青っぽく目立つようになることがあります。

これがいわゆる「クマ」です。

最近では、小学生、中学生でもパソコンやスマホを使いこなせる子もいますので、

長時間のスマホ画面を見ることで例えば、目を閉じるには上下のまぶたを引き寄せる筋肉「眼輪筋」が使われます

何らかの理由でこの眼輪筋の働きが悪くなると、

目の周りにある毛細血管の血流が滞りがちになります。

それが目の下のクマの発生につながります。

 

この眼輪筋を酷使していますので、目も周りの血管で運ばれる血液が

顔など隅々まで運ばれていないことでもクマは、出来てしまいます。

予防法1 体を動かして血流を促す

目の周囲の血流を改善させるためには、い有酸素運動などを行って定期的に全身

を動かすことが役立ちます。筋肉の働きにより血の巡りが良くなると、体も温まり

目の下のクマの予防にもなります。

ソース画像を表示

予防法2 顔の筋肉を意識的に動かす

精神的な緊張や強いストレスにさらされたとき、人は自然と顔がこわばります。

すると表情をつくる筋肉がガチガチになりやすく、

目の周りの血流低下にもつながります。

、ですので、

口角をあげる

ソース画像を表示

 無理やりに口角を上げることもストレス発散の

物質が体に現れますので、気持ちもスーッと

します。】

 

目をギュっと閉じてパッと開く

ソース画像を表示

➡ ソース画像を表示

目をギュっ       パッと開く

 

1日数回は顔の筋肉を意識的に

動かしてみましょう。

また、趣味など楽しめる時間をつくって、

トレスを解消することも大切です。

予防法3 目の疲れをためない

パソコンやスマホの画面に集中して、

時間があっという間に過ぎていることはありませんか?

画面を見ている間というのはまばたきが減少しがちで、

目の周りの筋肉を使うことも減るため、血流が滞る原因となります。

ソース画像を表示

こういった時は、こまめに目を休め、できれば

温かいタオルホットアイマスク

などで筋肉の緊張をやわらげましょう。

長時間のスマホを見る時は、

適度に目を休める時間も作ってください。

 

また、就寝前のテレビやスマホの光は、

脳が寝る準備に入ることが出来ませんので、

就寝する1時間前はテレビやスマホをやめて

睡眠の質を上げることが理想的です。

ソース画像を表示

まとめ

クマを作ることは、女性にとっても男性にとっても

見た目が悪くなるのでイヤですよね。

見た目だけでなく、体も疲労が溜まっているサインです。

 

疲れが溜まると、ストレスを体にも精神的にも感じてしまいます。

 

現代は、パソコン・スマホは必須のアイテムになってますので、

上手に使いこなさないといけません。

 

肩こり・頭痛・自律神経障害の増加は、パソコン・スマホの

弊害と言えると思います。

適切な対策で体の不調が起こらない体づくりを心掛けましょう!

 

この記事が少しでもお役に立てましたら、うれしいです。

猫背矯正マイスターのいる整骨院

おかだ整骨院 院長 岡田泰明

079-336-3013

 

関連記事

  1. 現代の子供の猫背は、脚力の低下が原因!  おかだ整骨院姫路…

  2. お子様の集中力アップに「姿勢正すこと」が必要な理由

  3. 腰痛の原因に多い!「反り腰」の改善方法

  4. 「突然、股関節が痛くて歩けない」すぐ出来るご自宅ケア おかだ…

  5. 足が冷えて冷えて眠れない方のための「温活」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

交通事故で痛みを感じたら

インタビュー記事が掲載されました

PAGE TOP