「運動のしすぎは、かえって腎臓に負担をかける」腎臓機能を上げて疲れをとる  

運動のしすぎは、かえって腎臓に負担をかける

「身体にいい生活習慣」と聞くと、おそらく多くの人が、

◆規則正しい生活

◆バランスのいい食事

◆十分な睡眠

◆酒、たばこを控える

◆適度な食事

を思い浮かべるのではないかと思います。

 

そのうち、運動には、

◆身体を温めて血流を良くする

◆体内の余分なエネルギーを消費する

◆筋肉量を増やして基礎代謝を高める

 

といった効果があり、ストレス発散にもつながります。

 

運動によって血行が促進され、エネルギーが消費されれば、血圧や血糖値を

調整しなければならない腎臓の負担も減ります。

 

この様にお話すると、運動は、全身の健康にとっても、腎臓の健康にとっても

いいことずくめのようですが、それはあくまでも運動量が「適度」な場合です。

 

実は運動のしすぎは、かえって腎臓に負担を掛ける可能性があるのです。

まず、激しい運動をすると、筋肉を中心に新陳代謝が活発になり過ぎてしまい、

エネルギー消費の老廃物である尿酸が大量に発生してしまいます。

特に、普段あまり動かない人が急に激しい運動をすると、尿酸値が2倍近く上がる

ことがあります。

それだけでも腎臓の負担は大きくなりますが、激しい運動によって汗をかくと、

体内の水分が急激に減るため、腎臓は水分バランスを調整しようと、

さらに懸命に働くようになり疲れてしまうのです。

ま と め

🔸運動による効果をきちんと得るためには
ウォーキングや室内の筋トレなど、うっすらと汗をかく程度に
とどめること

🔸こまめな水分補給
のどが渇いたと感じる頃には、すでに
体内の水分が少なくなっています。
※要注意です

 

🔸姿勢や歩き方
姿勢が悪い人は、内臓を圧迫しており、
腎臓から体全体へつながる導線部分が圧迫されて
 腎臓機能の働きが悪くなります。
歩き方も左右のバランスが悪いような人、
常に前かがみで歩いているような人は
腎臓の位置がズレやすく、圧迫を受けやすくなります。

🔸立ち仕事の多い方
お仕事柄、サービス業・販売・飲食店などのお仕事の人は
長時間立ったままの状態が続くことがあります。
長時間立ったままでいると、腎臓が硬くなり、活動が低下します

 

適度な運動と一緒にやって欲しい「腎臓マッサージ」

腎臓マッサージを日常生活の中に入れましょう!

 


 1回1分でできる 寺林流 腎マッサージ

20170815_jinkatsu1.jpg

(1)手を軽く握り、親指以外の4本の第一関節をおへその両脇に置きます

(中指がおへそのすぐ横になるように)。少し強めの力で内側へ押した状態で、

上下に3回ほどグリグリと動かします。ここには「盲兪(こうゆ)」というツボがあります。

 

(2)おへそから親指2本分ほど外側に手を置き、先ほどと同様にマッサージします。

ここにも便秘に効く「天枢(てんすう)」というツボがあります。

 

(3)グリグリさせながら外側へ移動します。わき腹は指の第二関節を使って

3回ほど動かして、お腹や腰をあたためる「帯脈(たいみゃく)」というツボを刺激します。

このとき、手がろっ骨にあたらないように気をつけてください。

ここは背中のハリや腰痛にも効果的です。

 

20170815_jinkatsu2.jpg

(4)グリグリさせながら後ろへと移動し、背骨から親指の幅3本分ほど

外側にある「志室(ししつ)」というツボに人差し指の第三関節をあてます。

手を左右に大きく動かして刺激します。

 

(5)親指1.5本分ほど内側にある「腎兪(じんゆ)」というツボに

人差し指の第三関節をあてます。手を左右に大きく動かして刺激します。

画像・記事引用:寺林陽介著『疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい』(アスコム)

 

この5つのツボは、すべておへその高さの延長線上にありますので、

ツボがわからなくなったら、おへその位置を確かめるといいでしょう。

痛いと感じるツボは重点的にマッサージしてみてください。

とくに「志室」と「腎兪」に痛みを感じたら、それは腎臓のお疲れサイン

マッサージを3セットほど繰り返すとより効果的です。


 

お仕事や勉強中、ちょっとした気分転換に行っていくと

続けやすいので、一日少しずつ腎臓をいたわる時間を作ってあげてください。

 

おかだ整骨院 院長 岡田泰明

079‐336‐3013

関連記事

  1. ひざ痛を「変形性ひざ関節症」になる前に予防する

  2. 「朝スッキリ目覚めたい」その方法とは?

  3. ふくらはぎをマッサージすることで「熱中症を予防できる」

  4. 腰痛の原因に多い!「反り腰」の改善方法

  5. 現代の子供の猫背は、脚力の低下が原因!  おかだ整骨院姫路…

  6. お子様の集中力アップに「姿勢正すこと」が必要な理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

交通事故で痛みを感じたら

インタビュー記事が掲載されました

PAGE TOP