「お腹は自力でやせられるけど、『二の腕』『脚』がやせない」理由

「お腹は自力でやせられるけど、『二の腕』『脚』がやせない」理由

一般に女性がスタイルを気にする中でお腹と同じくらい「二の腕」「脚」がキレイになりたい

というお声をよく聞きます。

でも、スクワットもウォーキングなど努力しているのに、やせない。

二の腕・脚を出したくない…

 

やせないのには、あなたの体質を作っている日常生活にあります。

人の関節は、265個あります。その関節の144個の約60%が手足に

集中しています。

これは、より複雑な動きに対応するために手足に集中しているのですが、

関節が多いということは、曲がる箇所が多く、曲がったところで血管やリンパ管が圧迫されます。

これはちょうどホースが曲がって水が通らない状態のようになり、

曲がって圧迫され、循環を悪くします。

また、筋肉の中に血管は存在するため、筋肉量の少ない方は、

血管を外気温から守ることができないため、

冷やされて血液を送る力が減少します。

そのため、血液が重力に従って下がってきますが、

心臓へ送り返す力がないために、むくみが発生し、

手足がやせにくくなるのです。

 

自律神経の乱れも手足がむくみ・やせにくくなる

自律神経という言葉は多くの方が聞いたことがあると思います。

でも、自律神経を整えるのって、一番目に何をしたらいいかご存知ですか?

 

一番大事なのは、「睡眠」です。

でも、6時間〜8時間寝てるのに、疲れが取れないとおっしゃる方も

中にはおられるでしょう。

やる気が出ない時も多い。

 

これは、睡眠の質が悪くなっているからです。

 

同じ睡眠時間でも寝る直前までテレビ・スマホ・パソコンを見ていたりすると

寝る態勢でないために、睡眠が浅くなって、疲れが取れなくなります。

人は寝ている間に体を修復する機能がありますので、

自律神経が乱れて、本来寝ている間に活発になる「副交感神経」が

働かず、体を修復する力が出ません。

結果として、疲労が残ったままになり、体中がだるく・やる気が起きない

状態でやせにくくなります。

 

冷え症が原因で手足がやせにくい

最初にお話ししたように、人には関節が265個あり、約60%が手足に集まっています。

関節可動域が正常に動く状態が理想ですが、冷え症の方は、関節可動域が狭まり、

常にまっすぐに伸びていない事も多いです。

 

体温が36.7の方と、35.7しかない人では体を修復する力に差が出ます。

「冷えは万病の元」と昔から言われますが、

体温が1℃低いと体が睡眠6時間で修復が間に合わないことが起こります。

心臓から手足は一番遠くにあり、血液を心臓から送るのが最後になりますから、

体温が低く、冷えの強い方は、基礎代謝が悪くなり、

末端がむくんでやせにくいことになります。

 

足裏までむくんでいまうと、足裏の感覚がなくなり、体をしっかりと支えられなくなります。

そして、関節を軽く曲げて使ったり、ひざが外側へ広がり、O脚になったりします。

 

日常生活や仕事などで、同じ姿勢でいることが多い方は、その姿勢のまま関節が固まり、

完全に伸ばせなくなります。

 

 

二の腕やせ・脚やせを叶えるにはどうしたらいいのか

循環不良を起こす原因になっている関節の曲がっているカ所を

正しいポジションに誘導するため、

猫背矯正で関節の曲がりや向きを整えて、正しい使い方が出来るようにします。

関節の曲がりがなくなると、血液の運ばれる道筋に狭い場所がなくなり、

循環が良くなり、基礎代謝が改善します。

血液の通り道を確保してから、キャビテーション・リンパドレナージュ・ラジオ波施術を

行うことでやせやすい体質へと変化させていきます。

まず、姿勢不良を改善して初めて、

あきらめていた「二の腕やせ」「脚やせ」を叶えることができるのです。

 

猫背矯正+キャビテーション+ラジオ波+リンパドレナージュ

通常 27,500円を

初回お試し 8,990円

 

※最初に問診をして、あなたにあったプランでご提案させていただきます。

Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV

まずは、気軽にご相談ください。m(__)m

 

 

おかだ整骨院

079-336-3013

関連記事

  1. 足が冷えて冷えて眠れない方のための「温活」

  2. 「集中力がUP」自律神経を整えるお家で猫背矯正教室

  3. 「やせにくい体質」を改善する方法

  4. 「朝スッキリ目覚めたい」その方法とは?

  5. 「お腹が冷えてるとやせにくい!」内臓型冷え性の方のダイエット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

交通事故で痛みを感じたら

インタビュー記事が掲載されました

PAGE TOP